クラウドコンピューティングといえば、サードパーティのサービスプロバイダーがホストするクラウドサービスを指すことがほとんどですが、クラウドインフラストラクチャを社内に構築したクラウド、つまりプライベートクラウドも存在します。いずれのタイプのクラウドにも、柔軟性の向上、伸縮自在の拡張性、サービス提供までにかかる時間の短縮、設備投資コストと運用コストの低減という目的があります。

一方で多くの企業が、オンプレミスとパブリック両方のソリューションで提供されるサービスを使用できる ハイブリッドクラウドモデルを採用しています。たとえば、重要度の低いアプリケーションの開発とテストにはパブリッククラウドサービスを使用し、ミッションクリティカルなアプリケーションをオンプレミスのクラウドに移行するのも1つの戦略です。

ハイブリッドクラウドには、コンピューティングリソースの増強という目的もあります。特に、リソースニーズの変動に対応する選択肢となっています。いずれの戦略においても、オンプレミスとパブリックのインフラストラクチャを橋渡しする方法や、パブリックとプライベートのクラウド環境間でアプリケーションを移動する方法を考慮しなくてはなりません。

「ハイブリッドクラウドソリューション構築の概要」を読む

hybrid-cloud

オンデマンドウェビナー:未来のクラウド:プライベートクラウド環境の構築、管理、保護を視聴する

課題

プライベートクラウドやハイブリッドクラウドのサービスを導入する企業は、ハードウェアを新規購入するのではなく、既存のハードウェアインフラストラクチャを活用したいと考えます。したがって、ハードウェアの選択肢に制限がなく、幅広いベンダーのハードウェアをサポートできるクラウド管理ソフトウェアが必要になります。

クラウドに移行するアプリケーションが、仮想サーバー環境に対応しているかどうかを検討することも重要です。パフォーマンス重視のデータベースやアプリケーションの中には、仮想マシンで十分な性能を発揮できないものがあります。プライベートクラウドとハイブリッドクラウドで幅広いアプリケーションをサポートするには、物理サーバーの完全なプロビジョニングを実現すると同時に、クラウドサービスが備える柔軟性と自動化という特徴を損なわないようにする必要があります。

ソリューション

Egenera Cloud Suite(ECS)は、PAN ManagerPAN Domain ManagerPAN Cloud Directorで構成されるソフトウェアであり、プライベートクラウドやハイブリッドクラウドの構築に最適なツールです。Egenera Cloud Suiteクラウド管理ソフトウェアは、優れた柔軟性、管理性、可用性を備えたクラウドサービスの実装と管理を可能にすることにより、ユーザーニーズを満たし、幅広いビジネスアプリケーションをサポートできるクラウドサービスを実現します。プライベートとハイブリッドのいずれのクラウドモデルを構築する場合でも、Egenera Cloud Suiteがあれば基盤インフラストラクチャを簡単に管理できるだけでなく、すぐに使用できる高可用性や災害復旧も用意されています。