コスト削減、サービス提供までに要する時間の短縮、柔軟性の向上といったニーズは、ITサービスの提供方法に変化を生み出しています。専用のインフラストラクチャを導入してデータセンターにリソースを追加し続けるという従来の方法から脱却し、ビジネスに求められる俊敏性を備えたクラウドベースのサービスへと移行する企業が増えています。クラウドサービスの提供方法には、社内のIT部門クラウドサービスが専用インフラストラクチャを使用するモデル(プライベートクラウド)、社外サービスプロバイダーがパブリッククラウドを使用するモデル、さらには両方を組み合わせたハイブリッドクラウドモデルがあります。

課題

IT部門とサービスプロバイダーは、いずれも次のような課題に直面しています。

  • 管理:柔軟なコンピューティングモデルをクラウドで実現しようとすると、管理が複雑になってしまいます。ニーズに合わせてスケーリングできるインフラストラクチャとサービスには非常に大きな価値をもたらす一方で、「仮想マシンが無秩序に増殖」する状態に陥りがちです。
  • 信頼性:インフラストラクチャとサービスで高い弾性を実現し、ダウンタイムへの対策を講じる必要があります。このような機能がないと、ビジネスに深刻な問題を引き起こしかねません。
  • アプリケーションのサポート:仮想マシンテクノロジーが最適なアプリケーションもありますが、パフォーマンス重視のアプリケーションは物理サーバー環境の方が適しています。したがって、両方を考慮したプランニングを行った上で、共通の管理インタフェースを採用することが重要です。
  • ビジネスプロセス:クラウドサービスは、ハードウェアとソフトウェアだけでは構築できません。企業のIT部門やサービスプロバイダーのいずれにとっても、課金/課金取消、ユーザーサポート、ポリシー準拠などの処理を簡素化できるソリューションが必要です。

ソリューション

Egenera Cloud Suite(ECS)は、PAN Manager, PAN Domain ManagerPAN Cloud Directorで構成されるソフトウェアです。このソリューションによってIT部門やサービスプロバイダーは、インフラストラクチャをサービスとしてのアジャイルなITへと転換することが可能になります。拡張性と弾力性を備えたITサービスプラットフォームを実現するこのソリューションは、設計/実装のシンプル化と、サーバーレベルからデータセンターレベルのダウンタイムに備えた保護対策により、上記の課題すべてに解決します。