PAN Domain Manager®は、高いスケーラビリティ、異機種混在環境の管理機能、そしてストレージ管理機能を提供し、企業は自社のIT環境をプライベートクラウドへと転換することが可能になります。PAN Domain Manager®によって、PAN Manager®の柔軟性がさらに強化され大規模な展開が可能になるとともに、異機種混在のハードウェア環境のサポート、さらにPANサーバーへのストレージリソース割り当ての簡素化が実現します。

PAN Domain Manager®を導入することで、お客様はPAN Manager®の優れた柔軟性、シンプルさ、そして安定性のメリットを、大規模なリソースプールにおいても享受することが可能になります。また、異なるサーバーベンダーのハードウェア・プラットフォームをPAN環境内で1つのリソースプールとして活用可能になります。この優れた機能によって、サーバーのプロファイルを異なるプラットフォーム間で透過的に移動できるようになり、さまざまなハードウェアベンダーのプラットフォーム間の障壁が排除され、お客様は複数ベンダー製品による混合環境の開放性と柔軟性を最大限に活かすことが可能となります。

最先端の統合ストレージシステムを構築するためにさまざまなストレージテクノロジーと業界標準を活用するPAN Domain Manger®では、その先進のストレージ管理機能によってストレージの割り当ての簡素化とストレージ管理のベストプラクティスの順守を両立させることができます。その結果、迅速な展開、リソースのさらに柔軟な活用、そしてストレージリソースの稼働率向上が実現します。

異種混在環境でのフェイルオーバーを可能にする一元管理型リソースプール
異種混在環境でのフェイルオーバーを可能にする一元管理型リソースプール

PAN Domain Manager®の主な特長:

    • 妥協のない優れた拡張性: 現時点で16筐体までのブレードエンクロージャ、256台のサーバーをリニアなI/Oスケーラビリティを備えた単一のリソースプールとして管理可能。今後さらに拡張予定。
    • 異機種ハードウェア環境のサポート: 異機種ハードウェアの混在環境を管理可能で、異なるブレード製品間のフェイルオーバーおよび災害復旧をサポート
    • 先進のストレージ管理機能: 業界およびストレージベンダーのさまざまなテクノロジーを統合することで、ストレージリソースの割り当てを簡素化

さらに詳しい情報やデモをご希望のお客様は、こちらからお問合わせください。