パブリック/プライベート両方のクラウドリソースを完全統合

 

今日、プライベート、パブリック両方のクラウドインフラストラクチャを利用するサービスによるハイブリッドクラウド形態の実装を選択する企業が増加しています。ハイブリッドクラウドの採用が進んでいる理由を挙げてみましょう。全体的には、クラウド採用の促進要因と同様に、コスト節約、専門知識のある社員の不足、社内リソースの補充やコンピューティングリソースへのより高速なアクセスの必要性などがあります。

イージェネラのXterityハイブリッドクラウドソリューションでは、サービスプロバイダーが使いやすい1つのサービスカタログからXterityのリソースとパブリッククラウドのリソースの両方を調達できるため、ユーザーは最適な環境でアプリケーションを実行可能になります。

xterity-public-private-diagram-1a

もっと詳しく

Xterityは、ITインフラストラクチャを抽象化し、デジタルサービスカタログの中で提示することで機能します。このカタログには、物理サーバー、仮想サーバー、ストレージ、スイッチ、ファイアウォール、ハイパーバイザー、オペレーティングシステム、アプリケーション、バックアップサービス、パブリッククラウドリソースなど、データセンターのすべてのコンポーネントが含まれています。サービスプロバイダーの管理担当者は、このサービスカタログおよび関連する設計パレットを活用し、必要なITサービスのすべての構成要素を文字通りドラッグ、ドロップ、接続することでサービスを構築します。また、Xterityのテンプレート化機能を利用して完全なアプリケーション環境を構築することもできます。設計が完了した環境は、マウスのクリック操作で即座に展開することが可能です。

ビジネスをサポートする包括的な機能

Xterityの包括的な機能により、サービスプロバイダーは自社の顧客向けにクラウドソリューションの設計、価格設定、提供、使用許諾、請求書発行、管理そしてさらに高額のサービス販売がすべて可能になります。ドラッグ&ドロップで自分自身が操作可能な直感的なポータルを利用し、新たなクラウドサービスの容易な設計と構築が実現するほか、サービスに対する請求書発行、明細送付、価格設定、トラブルチケット発行、監視、追跡などの機能がすべて統合されているため、顧客が使用したリソースの管理とそれに対する容易な請求処理が可能です。また、自社ブランドによるサービス提供、顧客管理、契約の請負、収益率分析、トラブルチケット発行など、多層型のパートナー販売ビジネスにも対応する独自の機能も備えています。

リアルタイムの監視とサポート

Xterityは、包括的な管理、監視およびトラブルチケット発行システムを備えており、技術的な問題に関する主要な警告内容データの提供や、未使用のトラブルチケットおよびバックアッププロセスの状態を表示することができます。ユーザーは、自分が調達したリソースに関してこのようなシステムを利用することができます。

N+1の高可用性を備えたエンタープライズククラスのインフラストラクチャ

Xterityは、エンタープライズクラスのハードウェアと実績のある統合インフラストラクチャソフトウェアを基盤としています。Xterityは、統合された高可用性フェイルオーバー機能と復旧能力を提供します。高可用性は、仮想化レイヤー(高可用性クラスタ)とハードウェアレイヤーの両方で提供されます。Xterityの高可用性により、ハードウェア障害、利用率の急増、インターネットまたはストレージへの接続障害など数多くの一般的な障害からの自己回復が可能になります。

技術サポート

Xterityでは、ハイブリッドクラウドサービス向けに24時間365日の技術サポートを提供しています。お客様のサービスが常に利用可能な状態を維持できるように、イージェネラの経験豊富な技術者による専任体制が作られています。