Cloud Migrate の紹介 – Egenera Xterity Cloud

xterity cloud ブログ開設

第一回目 Cloud Migrate

初めまして。 Egenera システムエンジニアの増田です。

この度、弊社技術ブログを開設することになり第一回目のブログを私が担当することとなりました。

今回は第一回目ということで、一新された弊社 HP にてサービス概要や環境構築方法などは紹介させて頂いていますので、 

HP 内であまり紹介されていない Cloud Migrate というサービスを紹介させて頂きます。

 

 

Cloud Migrate は、お客様のオンプレミスで稼働している物理/仮想サーバを弊社 xterity へ移行するサービスです。

 Cloud Migrate の特徴として、移行の為のメンテナンスウィンドウまではオンプレミス側でダウンタイムなしで移行設定が可能であり、メンテナンスウィンドウで数時間のダウンタイムのみで移行が完了出来る点にあります。 事前にデータ移行の設定をオンプレミス側のサーバや環境を施して頂くことで、バックエンドでデータを xterity にコピーします。

最終的にメンテナンスウィンドウでオンプレミス側との差分データを埋めてオンプレミス側とデータの差異をなくし、 最後に xterity 側の移行先サーバを起動します。 

事前に移行後のネットワーク構成等の検討が必要ですが、オンプレミスで稼働していたサーバのハードウェアの移行等を検討されている企業様は、一度サーバをそのまま xterity に移行することを検討頂ければと思います。

移行元のサーバについては、 Windows、CentOS、RHEL、SLES、Ubuntu 等がサポートされています。(各バージョンについてはお問い合わせください。) 

また、 AWS や Azure などの他のパブリッククラウドからの移行も可能です。 

ご興味のある方は、是非弊社にお問い合わせください。

Egenera へのお問い合わせはこちら